• Excel

先日、上司に提出する資料の日付が「明治○年○月○日」になってて、「なんでこんな資料が?」とプチ騒ぎ。

 

上司はパソコンはそんなに得意じゃないですが、とても頭のいい人です。

ミスが生じると、それがどんなミスで内容によって対処すべき案件かそうでないかを即座に判断したい人です。

 

なので、毎日提出している資料の日付が「明治○年」と表記されていて、なんだ?と思ったわけです。

 

エクセルをよく使う人には原因はパッと浮かぶと思います。

 

エクセルでは数字の「1」を明治33年1月1日として表記しています。

「2」は明治33年1月2日

「366」が明治33年12月31日

「367」が明治34年1月1日

・・・

「43759」が令和1年10月21日です。

 

つまり、本日令和1年10月21日は明治33年1月1日から43759日目という計算をして日付を表記しています。

 

おそらく上司が見た資料は日付の入力をタイプミスしただけと思われます。

 

これを全く気づかずに上司に提出しちゃう人もどうかなーと思いますが・・・

(´・ω・`)

 

さて、どうやって説明するかな。

 

 

私
ただのタイプミスです

 

わざわざ「明治」ってタイプミスするなんて変でしょ

 

 

そりゃそうだ。

何も考えないタイプの上司ならこんな説明でもOKですが、相手はきちんと理解したい人です。

もうちょっとちゃんと説明しないとダメか。

 

と言っても、先ほど書いたように「1は明治33年で・・・」という細かい内容までは必要のない立場の方です。

 

 

私
えっと・・・エクセルは日付を数字で管理していて、タイプミスで0とか1とか入れると自動で明治になっちゃうんですよ

 

・・・とりあえずただのタイプミスなんですね。では今後気を付けてください

 

で、なんとか終了。

 

おそらく、上司は理解はしていませんが、大したことではないと判断してくれたようです。

 

この資料は毎日ルーティンのように提出している資料なので、つい、気のゆるみが出てしまいました。

気を付けよっと。