白ロムのスマホって聞いたことありますか?

 

多分、そんな言葉、知らない人の方が多いんじゃないかなぁ。

だってそんなもの知らなくてもスマホは使えるし、関係ないし。

 

白ロムのスマホというのはざっくりいうと、docomo、au、ソフトバンク(3キャリア)と契約しているスマホのことです。

 

そう、あなたのスマホがdocomoなら、auなら、ソフトバンクなら、それ皆、白ロムのスマホなんです。iPhoneだろうがAndoroidだろうが白ロムです。

 

(実は格安スマホも白ロムなんだけど話がややこしくなるのでそこはスルー)

 

スポンサーリンク

 

私の周りでも、この3キャリアのスマホを使っている人がほとんどなので、皆、白ロムスマホを使っていることになります。

 

白ロムスマホなんて言葉知らなくても全く困りませんよね。

 

ただね、一度は耳にしたことがあると思いますが、格安SIM。

 

この格安SIMの検討を始めたら、白ロムスマホという言葉を知ることになると思います。

 

だって私がそうだったから。

 

 

私は長年auを使っていて、その流れでauのiPhoneを使っていました。

 

そんなある時、「あなたの使っているスマホがそのまま格安スマホに♪」というキャッチーを目にしました。

 

調べてみると、毎月の料金がauに比べるとぐーーーんと安くなる!

 

これはイイ(*´▽`*)と思いますよね。

 

結局、私の使っていたiPhone5はその格安SIMに対応していなくて、機種変更できなかったのですが、この時に白ロムと言う言葉を知りました。

 

私の使ってるiPhone5で機種変更はダメだけど、他の機種はいけるんだ。

⇒他の機種を買うらならオークションかな。

⇒オークション見ると「白ロムスマホ」ってある。何だこれ?

 

と思い、調べてはじめて白ロムスマホの存在を知ったわけです。

 

つまり、白ロムとはあなたが使ってるスマホのことなんですね。(飛躍しすぎ?)

 

 

それにしても、当時、auのiPhone5が格安SIMに対応してなかったのはものすごーーーーくショックでした。